生原酒とはどんなお酒?おすすめの飲み方や保存の際に気をつけること

門外不出 純米吟醸 黒生原酒 720ml

お酒の名前や瓶のラベルに「生原酒」の文字を見かけたことはありませんか?日本酒には製法によって様々な名前が付けられていますが、「生原酒」もその一つです。

◆目次◆
1.生原酒とは?無濾過生原酒はどんなお酒?
1. 生原酒の意味/日本酒の種類はいろいろ
2. 無濾過生原酒の特徴
2.冷やして美味しい生原酒/おすすめの飲み方
3. 暑さが苦手な生原酒、常温保存でも大丈夫?保存の際に気をつけること
4.生原酒の賞味期限は?
5.おわりに

1. 生原酒とは?無濾過生原酒はどんなお酒?

1. 生原酒の意味/日本酒の種類はいろいろ

生原酒とは、火入れ(ひいれ)と割水(わりみず)をせずに詰めたお酒のことを指します。

火入れとは、しぼりあがったお酒を62℃程度に加熱する作業です。火入れを行うと、酒質の変化を抑えることができます。

割水とは、しぼったお酒に加水する作業です。割水をして、お酒は市販の規格に整えられます。

生原酒かどうかは、作業工程の違いによって区別されているというわけです。
(表)
生タイプ、火入れタイプ、割り水タイプ、原酒タイプ

無濾過生原酒も、その名の通り生原酒タイプのお酒です。

瓶に詰める前、お酒を一旦濾過することが多いのですが、濾過を行わずに瓶詰めされるケースもあり、「無濾過」(むろか)と呼ばれます。

2. 無濾過生原酒の特徴

無濾過生原酒の特徴は、できたてそのままのお酒を楽しめるという点にあります。

水を加えない分、アルコール度数も16度~17度程度と高めです。
また味わいも、しぼりあがったそのままのフレッシュさ、濃さを残しています。

新酒が出回り始めるのは、11月~12月頃です。当蔵でも11月半ばから12月頃にかけて、しぼりたての新酒が出来上がり始めます。

門外不出 純米吟醸 黒生原酒 720ml

2. 冷やして美味しい生原酒/おすすめの飲み方

生原酒と言えば、なんといっても冷酒です。キリッと冷やして召し上がりください。氷を入れて、ロックにするのもおすすめです。

冬場の新酒生酒ともなれば、まさにしぼりたて。できたての味を楽しむなら、この時期が1番でしょう。

夏の暑い盛りにロックで飲むのも格別です。

3. 暑さが苦手な生原酒、常温保存でも大丈夫?保存の際に気をつけること

火入れされていない生酒タイプのお酒は、酒質が変化しやすい商品です。
加熱処理をしないため、お酒中に含まれる成分が、形を変えやすいまま残っているからです。

品質保持のため、生原酒の商品は冷蔵庫での保存をお願いいたします。

4.生原酒の賞味期限は?

家庭用の冷蔵庫で保存した場合、未開封の状態でも1ヶ月程度を目安に召し上がりください。

生酒に限らず日本酒は皆、徐々に風味を変化させていくものですが、生酒は特に品質が変わりやすい商品です。

あえて寝かせる飲み方もありますが、蔵元から出荷された時の味を楽しみたい方は、(開栓済みの商品は特に)できるだけお早めに召し上がりくださいませ。

5.おわりに

いかがでしたでしょうか。

生原酒はしぼりたての美味しさをぎゅっと詰め込んだ日本酒です。
フレッシュな香りと味わいをどうぞお楽しみください。